BLOG

2016/12/13 23:25

今年のルミナリエもあっという間に終わりました。 10日間になってから2年目、前後1日無くなってほんと短く感じますね。前までよりは短期集中、経費削減で良いと思います。 今年は2日目の日曜日に雨が降りまして、来場者の中間報告で前年割れでニュースになってましたが… 実はルミナリエの来場者は天候にとても左右されやすいのです。 去年の来場者が多かったのは暖かくて天気が良かったからです。もちろんそれだけではありませんが… だからか募金もたくさん集まりまして何年かぶりに黒字になったのです。 でも今年は最終的は最後の週末(土曜には44万人も来場者されたみたいです)に盛り返して、去年より3000人ほど減少で終わったようです。 なのに募金は伸び悩んだそうです。なぜなんでしょうかわかりませんが… 最初の2.3年以降のルミナリエは賛否が常につきまとっていました。 恩恵を受ける側、受けない側がはっきり別れてしまったからです。なのでアーチが短くなったり、クリスマス前後に開催してたのが前倒しになったり、東遊園地に出店がでたりと変化しながら続いていきました。 神戸市民の中でも継続派と迷惑派に別れているようです。近隣で仕事してたり、住んでたりするとなかなか迷惑な感じみたいです。 屋台からの臭いはなかなか凄いですし… 継続派は阪神大震災の鎮魂の意味があって始まったから忘れない為にと… 両方の気持ちがよく分かります。 自分の中のルミナリエは震災で、傷ついた神戸市民を勇気づける為に始まったと思ってました。 1年目の高校生の時に行った、感動は忘れられません。とても勇気づけられた気がします。 今ではイベント色が強くなってしまってるのも否めません…やはり20年目の節目に何かしら形を変える必要があったのではないかと思います。 それなら「1.17の集い」を続ける方が大切だと思います。 なんだか長々と書きましたが、ルミナリエの出口付近で店をしてると様々な情報が入ってきますので… 何時ぞやかにテレビに出ていた経営者が仰ってた「続けるということは変化し続けること」が頭をよぎりました。 自分も現状に満足せずに頑張っていきます! ちなみに来年のルミナリエはたぶん開催されるでしょうね… 無くなったら今年の募金はどうなるねん! 失礼しました。